診療科・部門
トップページ >> 診療科・部門 >> 循環器内科

循環器内科

循環器内科は、不整脈 ・虚血性心疾患・心筋症・高血圧症等を対象疾患としています。

外来では、ホルター心電図・心臓超音波検査・一般心電図等・心臓(冠動脈)CTなどの検査を用いて、また核医学検査においては、心筋血流スキャン・心筋脂肪酸スキャン・心筋交感神経スキャン・心プールスキャン等を通して、心疾患の鑑別や症状の程度を診断しています。

スタッフ紹介

循環器内科部長 伊藤裕二(いとう ゆうじ)
出身地 石川県
出身大学 金沢大学
科目 内科・循環器内科
資格 日本内科学会認定医、日本循環器学会専門医、医学博士
日本循環器病学会北陸支部評議員
所属学会 日本内科学会 日本循環器学会 日本糖尿病学会 
日本内分泌学会 日本心臓病学会 日本心血管内分泌代謝学会
ひとこと 専門は循環器ですが、循環器疾患のみならず、広く内科一般の診察を行うことを目指しています。

 

外来診療

 
午前 伊藤 伊藤   油尾  
午後 油尾   伊藤   伊藤(循環器・ 禁煙外来)、油尾

 

不整脈、特に刺激伝導系に関するものへの対処

電気生理学的検査を目的に、心カテーテル検査を施行します。
また、ヒス束心電図やOver-drive Suppression Test 等にて、洞不全症候群や房室ブロック等の精査を行い、ペースメーカー植え込みの適応を診断します。 診断結果に基づき、当院心臓血管外科にてペースメーカーの植え込みを実施しています。さらに、右心カテーテル検査にて、スワンガンツ・カテーテルを挿入して心拍出量の測定も行うほか、右室心筋生検も実施しています。

心臓(冠動脈)CTとは?

心臓は拍動しているため、従来のCTでは検査ができず、狭心症や心筋梗塞の疑いがある場合は、心臓カテーテル検査を行なって冠動脈の状態を評価しなくてはなりませんでした。ところが、最新鋭のマルチスライスCTを用いると、絶えず動き続けている心臓を鮮明に画像化することが可能となってきました。最近、北陸病院にもこの64列マルチスライスCTが導入され、冠動脈の狭窄病変を早期に発見し、心筋梗塞を未然に防ぐことができるようになりました。

心臓CTの利点

  1. 通常のCT検査と同様に、短時間で終了します。苦痛がなく安心して検査を受けられます。(検査時間は平均30分で、実際に撮影する時間は10秒以下です。)
  2. 心臓カテーテル検査と違い、入院の必要はなく、検査終了後の安静も不要です。(造影剤の注入は静脈からで、動脈へのカテーテルの挿入もなく、いわゆる“普通のCT検査”となんら変わりなく、外来で検査ができます。)
  3. 冠動脈内外の情報が豊富です。(急性心筋梗塞の原因になるプラーク=血管内に沈着するコレステロールや血管壁の石灰化なども描出します。)

最も適切な心臓CTの適応は?

  1. 何らかの胸部症状がある方は、冠動脈疾患のリスクが高くなくても、一度心臓CTでスクリーニングを行なうと良いでしょう。
  2. 典型的な胸部症状(動いた時の胸痛や息切れ)がなくても、中等度・高度の冠動脈疾患のリスクを持つ方は、無症候性の虚血性心疾患の可能性があります。
  3. 狭心症や心筋梗塞が疑われて心臓カテーテル検査を勧められたけれど、時間的制約や恐怖心などの理由でカテーテル検査をためらっている方は、まず心臓CT検査を行なってみたら良いと思われます。

心臓CTが受けられない方

  1. 造影剤アレルギーの方には施行できません。
  2. 喘息や腎機能障害のある方は行なえない場合があります。
  3. 頻脈、不整脈の方は画像の構成が難しくなります。冠動脈の石灰化が強い場合、血管内の情報がうまく描出できないことがあります。

心臓CTの撮影に必要な時間は約30分ですが、解析が必要なために結果がでるまでには多少の時間がかかります。

 

冠動脈造影

主に、上腕動脈、撓骨動脈より施行。1〜2泊程度の入院で可能です。 冠動脈造影で病変のある方は、後日PTCA(経皮的冠動脈形成術)を行っています。 また、冠動脈造影の結果によっては、当院の心臓血管外科にてCAGB(心臓バイパス手術)を実施しています。 なお、急性心筋梗塞に備え、2床のCCUベッドを持ち緊急PTCAも施行しています。

 

橈骨(とうこつ)動脈アプローチによる心臓カテーテル検査

循環器内科で行なっている検査というと、まず<心臓カテーテル検査>があげられます。心臓カテーテル検査も長い歴史がありますが、昔はたいてい大腿の付け根から穿刺していました。しかし、足からカテーテルを入れる場合、陰部の毛を剃られたり、起きておしっこが出来ないので尿道に管を入れられたり、食事も寝たままの姿勢で誰かに食べさせてもらわなくてはならなかったり、そして何よりも術後の安静が長いため腰が千切れるように痛くなるなど、長い間、患者さんに大変な苦痛を強いる検査でした。そこで、当院では約10年前から肘の上腕動脈からカテーテルを入れるようになり、さらに5年ほど前からはほとんどの場合、手首のとう骨動脈を穿刺するようになっています。手首の関節は元来あまり大きな可動性はないところなので、検査の終了と同時に穿刺した部位をベルトで巻いて押さえておくだけで止血ができるため、手首にちょっときつめのリストバンドをしている程度の感覚で、ほとんど術後の安静は必要なくなりました。恥ずかしいところの毛剃りも必要ありません。起き上がって自分の手で食事も摂れますし、歩いてトイレにも行けるので尿道に管を入れる必要はもちろんありません。心臓カテーテル検査の延長線上にある<経皮的冠動脈形成術>を行なうときも、特に支障がなければ同様に手首のとう骨動脈を穿刺していますので、術後の安静は昔とは比較にならないほど軽くなりました。