診療科・部門
トップページ >> 診療科・部門 >> 呼吸器外科

呼吸器外科

呼吸器外科手術に対して創が小さく低侵襲な手術として、いろいろな施設で内視鏡を用いた胸腔鏡手術が行われています。当科でも行われていますが、内視鏡だけでは胸腔内の観察が不十分であると考えており(重篤な合併症が生じたことがあります)、直接肉眼でも病変を確認することが重要と考えています。この見地に立ち、当科では病変を内視鏡のみで観察しながら行う完全胸腔鏡下手術は行わず、内視鏡による観察に小切開創を加えて病変を直接・間接に確認しながら行う胸腔鏡補助手術を行っています。


胸腔鏡補助手術は切開創を設けるため、完全胸腔鏡下手術に比べ侵襲は大きくなりますが安全のためには必要と考え実施しています。


肺、縦隔、胸壁、気道の腫瘍(良性・悪性)や気胸などの呼吸器領域における疾患に対し、診断・治療を行っています。検査では、気管支鏡検査、CT・ MRI、核医学的検査が可能です。治療方針は、気胸、肺気腫、良性の縦隔腫瘍、肺転移に対しては、胸腔鏡補助手術又は開胸手術を行っています。


肺癌に対しては、肺野の早期癌には胸腔鏡を応用した手術、肺門部の早期癌には気管支形成術を駆使した手術で、できる限り肺機能を温存するようにしています。進行癌には拡大手術と放射線・化学・免疫療法による集学的治療を取り入れた治療を行っています。切除不能例に対しては、予後とQOL(生きることの質)のバランスの取れた治療法を選択しており、また、終末期には,患者様とご家族の要望に対応しています。


肺癌の患者様も長期生存できる時代となってきています。決してあきらめず的確な治療を受けることが大切です。退院後も患者様が快適な生活を営めるように医学的.精神的な援助に努めています。

外来診療

 
午後       14:00〜  
松本(第1のみ)