診療科・部門
トップページ >> 診療科・部門 >> 薬剤科 >> 安心できる薬物療法

薬剤科

 

安心できる薬物療法

より安心できる薬物療法を提供するために 私たち薬剤師は、「薬」をとおして患者さんの治療に関わっています。

医師と協力

薬剤師としての立場から、薬がより安全に使用されるように、医師と話し合っています。その中の1つとしてTDM業務があります。 TDMとは薬物血中濃度測定の事で、薬の血中濃度を測定・解析して薬物療法が適切に行われているかをモニターし、安全な薬物治療が実施できるようにサポートしています。必要に応じて薬の適正な投与方法などを医師に提案しています。

薬歴(薬剤師が記録した薬の履歴)の確認

薬歴には、患者様一人ひとりの過去の副作用や効果が得られなかったことなど、多くの情報を記録します。 また、複数の診療科にかかっていると、それぞれの処方が適切であっても、あわせて使うと相互作用が起こる可能性があります。これを未然に防ぐためには、薬歴が必要です。

DI(医薬品情報)業務

薬に関して医療スタッフや患者様からの問い合わせに対して、書籍やインターネットなどを活用して対応しています。 また、他の医療機関で処方された薬の識別なども行っています。

注射薬のセット

入院患者様を対象に、処方されている注射薬を薬剤師の見地から適正な量であるか、複数の注射薬を混合しても沈殿や液が濁らないかを確認し、セットしています。

チーム医療の推進

それぞれの専門スタッフが協力して、より良い医療を提供するなか、薬剤師も専門知識を活かして参加しています。 また、医療安全対策として、感染や褥瘡(床ずれ)の予防、あるいは栄養管理などにおいても、薬剤師の立場で貢献しています。