診療科・部門
トップページ >> 診療科・部門 >> 薬剤科 >> 病院薬剤師の仕事

薬剤科

 

病院薬剤師の仕事

あなたが知っている病院薬剤師の仕事は?

私たち病院薬剤師が、病院の中でどのような仕事をしているか、ご存知ですか?

病院の中で、病院薬剤師がどのように薬と関与しているか当病院の薬局の主な仕事を紹介します。私たち病院薬剤師は、病院の中で使われるすべての「薬」について、安全で効果的に使用されるように関与しています。 薬をとおして、患者様により安心して医療を受けられるように、そして、一日も早く回復できるように、責任を持って仕事をしています。 他の病院や薬局からお薬をもらって服用されていたり、健康食品やサプリメント を買って服用されている方は、医師・薬剤師にお申し出下さい。

調剤業務

一般に、よく知られている業務で、医師の診察により患者様1人1人に出された「処方せん」をもとに薬をつくります。 調剤の時、薬の量や使い方、あるいは飲み合わせや副作用の有無などで疑問があれば、処方した医師に確認します。 薬剤師には独自の立場で、薬の安全性を確保する役目があります。

薬の説明

外来窓口や病棟で患者様に出された薬が、患者様にとって不利益にならないかを確認した上で、「お薬の説明書」を使用して薬の作用や服用方法、副作用などの説明を行っています。

薬の管理

それぞれの薬の特性に合わせた管理を行っています。 麻薬、毒薬などは施錠して管理しています。