診療科・部門
トップページ >> 診療科・部門 >> リハビリテーション科

リハビリテーション科

 

アスレティックリハビリ

アスレティックリハビリテーションの提供

当院リハビリテーション科は、アスリートの傷害から競技復帰まで一貫してリハビリテーションを実施する県内でも少ない施設です。

野球であれば小・中学から高校、大学生(県内外)、地域実業団及び独立プロリーグの選手と対象者はさまざまです。病院では肩の可動域運動や筋力トレーニングだけではなく痛みにも対応し、下肢・体幹を含む全身のチェック、実際の投球フォームのチェックや試合の日程を考慮したアスレティックリハビリテーションメニューを作成し、きめ細やかな個々の患者様に則したリハビリテーションを行っております。

また病院だけの治療ではなく定期に活動現場へ出向きトレーニングの指導及びメディカルチェックを行っています※。野球のみならず、サッカー、バトミントン、バレーボール等、種目・疾患部を問わずスポーツ疾患に対するアスレティックリハビリテーションも同様に実施しています。 その結果、他の医療施設では改善しないケースもほとんどのアスリートは機能および身体能力が改善し競技復帰を迎えることができ、なおかつパフォーマンスも向上したと喜ばれています。

 

※当院整形外科を受診しリハビリセンターでリハビリを実施しているスポーツ選手並び学生に対して、院内では実施できない競技復帰に向けたリハビリテーションの提供及び障害(傷害)の予防のアドバイスを整形外科医師及び理学療法士が学校やグラウンドなどのスポーツ現場へ出向き実施することである。 訪問日時 毎週水曜日15時30分〜(もしくは金曜日)とする(急を要する場合はこの限りではない)。

 

小林尚史 整形外科部長からのメッセージ


整形外科は骨・関節・靭帯の疾患を扱う診療科です.整形外科を受診するとレントゲン写真やMRIを撮影します.これらの検査は骨・関節・靭帯の明らかな損傷をよく映し出すことができますが,筋肉の伸びやバランスを評価することはできません.検査は「影絵」でしかありませんので,“検査で異常がない=痛みの原因になるものがない”ということではありません.整形外科を受診して,痛みがあるのに「検査では異常がありませんよ」と言われたことはないでしょうか?

整形外科の外来を受診する患者さんの多くの痛みの原因は,筋肉由来のものが圧倒的に多いということはあまり知られていません.言い換えれば,痛みはあるのに検査をしても異常がないことが多いということになります.骨格を支え,動きを与えるのが筋の役割ですが,この筋のバランス(左右差,屈筋の伸筋のバランス)が動きに大きな影響を与えます.そして,長期間筋バランスの悪い状態が続くと痛みが出現してくるのです.さらに,スポーツという全身を使い,大きな筋力を要しながらも繊細な動きの要求される動作においては,筋のコンディショニングがきわめて重要です.

この様な観点に立ち,痛みをおこす原因を,痛みのある局所だけでなく全身から見直し,痛みのおこるメカニズムをスポーツに必要とされる動きの中から考えていく作業を私が行います.痛みをおこすにいたったストーリーの見当がついた後,実際の治療にあたるのが筋の評価と治療のプロフェッショナルである理学療法士です.

われわれの施設に訪れる,スポーツ障害をかかえる選手たちのおおよそ90%が,理学療法士の治療や指導によりスポーツ復帰が可能になっています.さらに,全身の筋バランスや伸張性が向上することにより,動きのしなやかさが獲得され,パフォーマンスアップにも理学療法が非常に有効であることが分かっています. スポーツによる障害をかかえて困っている,なんとなく違和感がある,練習しているのに成績が上がらない,以前けがをしたところの予防をしたい,どんな要望でもかまいません.われわれは医学的な観点から,スポーツ選手のサポートを行っていきます.