診療科・部門
トップページ >> 診療科・部門 >> 整形外科

整形外科

ある単一の運動器疾患は、全身のすべての骨・関節・筋のアラインメントや動きによって影響を受けます。これらの動きやバランスを改善することは、治療だけでなく障害予防、さらには良いパフォーマンスにもつながります。
当院で行う治療は、広い視野から疾患を見つめ、リハビリテーションによる機能回復を最優先に考えることを基本とし、さらにスポーツ選手においては最大限のパフォーマンスが出せるよう指導を行っています。
それでも改善できない病変に対しては、最小侵襲手術である関節鏡を駆使して、世界の最先端の治療を目指しています。

スタッフ紹介

整形外科部長 小林 尚史 (こばやし たかし)
出身地 石川県金沢市
出身大学 金沢大学
科目 スポーツ・肩・肘関節外科、整形外科
資格 日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医
所属学会 日本整形外科学会 日本肩関節学会
日本整形外科スポーツ医学会
院外活動 2010、2011年柏レイソルチームドクター、メディカルアドバイザー
2011年石川ミリオンスターズチームドクター
資格:日本スキー連盟スノーボード準指導員
ひとこと 自身もスノーボード、ウェイクボードを行いながら、人間の身体をいかに効率的に使うかを常に考えています。私の武器は、詳細な診断に欠かせないレントゲンスタッフ、プロフェッショナル・フィーリングを持ったリハビリスタッフ、看護のプロであるナーシングスタッフ、超音波診断装置、そして関節鏡です。
整形外科医長 島 洋祐 (しまようすけ)
出身地 石川県金沢市
出身大学 金沢大学
科目 スポーツ・膝関節足関節外科・整形外科
資格 日本整形外科学会専門医
日本体育協会公認スポーツドクター
所属学会 日本整形外科学会 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会
日本整形外科スポーツ医学会 日本臨床スポーツ医学会 
日本肩関節学会 日本足の外科学会
院外活動 柏レイソルチームドクター、メディカルアドバイザー
ユニバーシアード男子サッカー日本代表チームドクター
(全日本大学選抜チーム)
石川県サッカー協会医事医院

 

 

外来診療

 
午前 小林 小林/島 手術日 小林/島
午後 島 14:00〜
スポーツ専門外来
小林 14:00〜
肩関節専門外来
小林 14:00〜
肩関節専門外来
島 14:00〜
スポーツ専門外来
手術日 小林/島 14:00〜
肩関節専門外来/スポーツ専門外来

【午前・午後共通】
整形外科は予約診療ですので、必ず事前予約が必要です。
予約は電話でも受付できます。
ただし、急を要する場合はこの限りではありません。
お薬を希望される場合は、担当医の診察日を参考にお越し下さい。

【午前】

受付時間は8:30〜12:00です。診療時間は9:00〜12:30です。

予約の方は各時間帯に来院された方から順に診察いたします。時間帯をお間違えなくお越しください。

 

【午後】

午後の診察につきましては上記の表を参照して下さい。

午後の診療は手術・検査のため遅れたり、あるいは行われないこともあります。

当科の特徴

スポーツ・肩・肘関節専門外来

毎週火曜・金曜の午後2時より午後7時ごろまで、スポーツ関連疾患、肩・肘関節疾患の専門外来を行っています。選手・患者さんのニーズに見合った最良の治療は何かを常に考えています。

リハビリスタッフの院外活動

当院を訪れ治療中、また過去に治療歴がある選手に対しては、リハビリスタッフが現地に出向いて、フィールドケアを行っています。病院での治療がゴールではなく、スポーツのフィールドに復帰し、怪我なく最大限のパフォーマンスを出せるよう丁寧に指導を行っています。

肩・肘関節に対する関節鏡視下手術

関節疾患を最小の手術侵襲で治療するためには、関節鏡(内視鏡)が非常に有用です。特に肩・肘関節においては極めて有用なツールですが、同時に手術の難易度も高くなります。当院では2010年は152例、2011年1月から6月まで102例、10年間で約900例の関節鏡視下肩・肘関節手術が行われています。

肩関節痛に関する“落とし穴”

  1. 難治性の肩関節痛を五十肩で片付けていませんか?
    肩関節痛を主訴として来院された方のうち、五十肩と診断できる人は10%未満です。したがって、「肩が痛い=五十肩」は成り立ちません。
  2. 肩関節の痛みは長引くか?
    適切な診断と治療を行えば、80%以上の確率で、短期間に疼痛をとることがでます。
  3. 残りの約20%はどうなるか?
    難治性になってしまうことが多く、適切な検査と治療を行わなければ無駄な時間を費やすことになりかねません。

当科では、肩関節疾患に対して詳細な診断と、治療を行っています

【診断】

  1. 超音波診断
    低侵襲でスクリーニングに有効
    即座に検査が可能です
  2. MRI
    超音波よりさらに詳しい情報が得られます
    肩の診断には必須の検査です
  3. 関節造影
    この検査でしか診断できない疾患があります
    手術を行う上での最終診断として有用です

いまや膝関節治療においてなくてはならない「関節鏡(内視鏡)」を用いた手術を肩関節に応用しています。

当科は、北陸で肩関節鏡視下手術が可能な数少ない医療機関です。

 

【肩関節鏡の適応となる疾患】

  1. 五十肩(肩関節拘縮)
  2. インピンジメント症候群
  3. 腱板損傷
  4. 反復性肩関節脱臼、亜脱臼(くせになった脱臼)
  5. 投球障害肩

肩の関節鏡視下手術は低侵襲であり、早期の社会復帰やスポーツ復帰を目指す患者さまには最適な手術方法です。

膝関節鏡視下手術、膝関節の再建術も専門的に行っています

  1. 靭帯再建術(前十字靭帯、後十字靭帯)
  2. 半月板縫合、切除術
  3. 膝蓋大腿関節障害に対する手術
  4. 骨切り術による関節再建
  5. 人工膝関節置換術(再置換術)

スポーツ医学

スポーツ障害に対しては、「できるだけ休むことなく復帰をめざす」ことを目標とし、きめ細かいアドバイスを行っています。患者さまのご要望を最大限に尊重します。

 

整形外科公開セミナー