病院案内
トップページ >> 来院される皆さまへ >>  健康管理センター >> がん検診

健康管理センター

がん検診

健康増進法に基づくがん検診で、がんの予防及び早期発見のために重要です。がんは1981年以降、死因第1位。年間32万人以上が亡くなっています。生涯のうち男性の2人に1人、女性の3人に1人が、がんになると推計されています。がん対策推進基本計画では死亡率については、今後10年で、たばこ対策で喫煙率が半減すると1.6%、検診受診率が50%になると3.9%、がん医療水準の底上げで4.9%の減少が可能になるなどと試算しています。定期的にがん検診を受けましょう。がん対策の基本は、がんの罹患率・死亡率を減少させることにより、国民の疾病負担を軽減することにあります。この目標に到達するために、予防・診断・治療・緩和ケアなど様々な対策が採られています。その中でも、がん検診は適切な実施により確実な効果が得られることから重要な役割を担っています。

 

 

胃がん

胃がんは日本人に多いがんです。胃がんにかかる人の割合は少しずつ減ってきてはいるものの、他のがんに比べると圧倒的に患者数が多いのが現状です。胃がんの発生は塩分を取りすぎる食生活やヘリコバクター・ピロリと呼ばれる細菌の感染に関係があるといわれています。
>> さらに詳しく

大腸がん

大腸がんは下部消化管内視鏡検査にて診断されることが多いがんです。人間ドック検診では便潜血反応陽性の場合に下部消化管内視鏡検査を勧められることが一般的です。
>> さらに詳しく

 

肺がん

胸部X線検査と喀痰細胞診併用法は死亡率減少に有益とされています。さらに胸部CTにより、より精度の高い肺がん検診を受けるができます。
>> さらに詳しく

前立腺がん

前立腺がんとは男性に特有の臓器である前立腺に発生するがんです。近年、前立腺がんは患者数、死亡者数ともに増加しており、60歳以上の人に多く見られます。
>> さらに詳しく

乳がん

乳がん検診の精度向上をはかるため、視触診とマンモグラフィまたは超音波検査の併用をお勧めしています。
>> さらに詳しく

子宮がん

検査の前から結果説明時まで、ご注意いただきたい事柄についてまとめています。ぜひご参照ください。
>> さらに詳しく