病院案内
トップページ >> 来院される皆さまへ >>  健康管理センター >> 検査前後のご注意

健康管理センター

検査前後のご注意

受診日までのスケジュール

●検査前々日(2日前)

排便(1回目)をお願いします。(2回法の方)

 

採便について

便検査では潜血反応検査(大腸がん一次検査)を行います。正確な検査をするために容器に採取してください。

 

1回法の方と2回法の方が居ます。

  • 採便の前に提出用袋とそれぞれの容器のラベルにご氏名を記入してください。(ご記入できなかった場合は、受付時にお申し出ください。)
  • 緑色の提出用袋の中にある説明をよくお読みください。
  • 採便は2回法の方は2日分を別々の容器に採取してください。2回採取できなかった場合は1回分だけでも提出してください。※使用しなかった容器は破棄してください。(プラ扱いになります)
  • 採取できた容器に採取日を記入してください。

※採取できなかった方は後日郵送して頂くことも可能です。受付時に採取できなかった事をお申し出ください。

 

お食事について

お食事は通常どおりで結構です。

 

●検査前日(1日前)

排便(1回目)または排便(2回目)をお願いします。

※2回法の方で、2回採取できなかった場合は、検査当日に採取するか後日採取し、ご郵送ください。

 

お食事について

【朝食】 通所どおりのお食事をおとりください。

【昼食】 通常どおりのお食事をおとりください。

【夕食】 夕食は脂肪分の多いものやアルコール、香辛料などを控えめにして夜の9時頃までにすませてください。 水分は朝の7:00頃まではのどをうるおす程度にとっても結構です。

 

ご持参いただくもの

・検便
・保険証

・問診票(必ずご記入のうえご持参ください)

・同意書(ある方は必ずご記入のうえご持参ください)

受診のご注意

●検査当日(検査前)

健診当日のご注意

・受付時間を受診案内でご確認のうえ、その時間に必ずおこしください。

・健診の時間は項目により3〜5時間かかります。

・検査着は当方でご用意します。当日ななるべく軽装でおこしください。

※ ブラジャーやネックレス、湿布などを外してご着用ください。外し忘れるとレントゲンに写りその部位の確認ができにくくなります。(ご協力お願いいたします。)

 

胃のレントゲン(バリウム)検査を受診される方へ

1. 検査までのお願い

・お食事や水分、喫煙に関しての注意は他の検査を同じです。「受診スケジュール」をご参照ください。

 

2. 検査後の便秘予防のために次のことを心がけてください。

・日頃から便秘の方は検査前日まで便秘の状態を改善して(下剤を服用するなどして)おいてください。

・検査当日の朝の排便はできるかぎりすませてください。

 

3. 次に該当される方は胃の検査は受けられませんので当日受付に申し出てください。

(ア) 妊娠中、妊娠の可能性のある方

(イ) 現在、胃や腸の病気で通院中の方

(ウ) 体調不良の方(風邪・発熱・動悸・めまいなどの症状のある方)

(エ) いままでバリウムを飲む胃の検査を受けてアレルギー症状(じんましん、気分が悪い、手足が冷たくなる、のどが詰まる、顔色が青白くなる、息苦しい)がでた方。また、現在、骨折や極度の筋肉痛などで自立歩行が困難な方はX線の被爆時間が長くなることがあるため内視鏡をお勧めいたします。

 

4. 次に該当される方は胃の検査は受けられない場合がありますのでご了承ください。

(ア) 検査当日の最高血圧が高い方(180mmHg以上)

(イ) 日頃から便秘の方または検査当日まで便秘の状態が続いている方(検査後のバリウムが排出されにくく堅くなってしま うことがあります)

(ウ) 検査当日お腹の痛みがあって、今までに大腸の病気(大腸がん、大腸ポリープ、大腸炎、結腸憩室)といわれたことの ある方(胃のレントゲン検査でそれらの症状が悪化する心配があります)

 

5. 現在服薬中または治療中の方へ

◇下記の病気で治療中の方は検査前に主治医に検査の可否をご相談ください。

・脳疾患、心臓病、高血圧で治療中または服薬中の方

・喘息、アレルギー性疾患で治療中または服薬中の方

◇主治医の了解を得られた方で、服薬中の方は、心臓病、高血圧のお薬は服用されても結構です。ただし検査の3時間前までに服用してください。

 

6. 検査後のご注意

検査後は便秘を防ぐ為にすぐに多めの水分(200cc以上)をおとりください。検査後下剤をお渡しいたします。多めの水分とともに服用してください。普段から便秘しやすい方は係員にお申し出ください。